浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

ある日のお釈迦さま⑤

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は、

朝、とっても寒かった~😱

お陽さまが出てからは
多少温かくなりましたが

午後から雲が多くなって
晴れたり曇ったりの
一日でした😅

秋もだんだん
深まってきましたね🍂


さて今日は、
「ある日のお釈迦さま」
その⑤をお届けします。

f:id:gunjima-taii:20211014144640j:plain


今日のお話は
「この世で一番
 楽しいことは?」

というお話です。

それでは、はじまりはじまり~

ある時、5人の王様が集まり、
ご馳走を食べて、お酒を酌み交わし
ありとあらゆる贅沢を
尽くしていました。

その時、
「この世で一番
 楽しいことは
 何だろうか?」

という話題になりました。


ひとりの王は
「美しいものを眺めるのが
 一番の楽しみである」
といいました。

ある王は、
「美しい音楽を聞くことが
 一番の楽しみである」
といいました。

ある王は、
「よい香りを嗅ぐことが
 一番の楽しみである」
と言い、

ある王は
「美味しい物を
 食べるのが一番の楽しみである」
と言い、

ある王は、
「心地よいものに触れることが
 一番の楽しみである」
と言いました。


5人の王は、自らの主張を
全くゆずろうとしません。


そこで一人の王が
「ならば、お釈迦さまに
 何が一番の 楽しみか、
 決めてもらい、
 お釈迦さまの
 定めに従おう」

ということになりました。

お釈迦さまは
それぞれの王の主張を
全て静かに聞いた後に
次のようにお諭しになりました。

「王たちよ、
 私は心にかなう
 〈適度〉を
 一番の楽しみ
 とします」

どういうことかというと、

例えば、
どんなに美味しいご馳走でも、
適量を過ぎると、
食べたいとは
思わなくなってしまうでしょう。


「適度をもって
 楽しみの第一とす」


このお釈迦さまのお言葉に、
王たちは皆一同に
納得をしたということです。


このお話は、以前ご紹介した
「ある日のお釈迦さま②」
と同様、

お釈迦さまの教えの中の
「中道」を示しています。


gunjima-taii.hatenablog.com



何ごとにおいても、
欲張りすぎず、
かつ、
禁欲に走りすぎず、


「適度」を心がけたいですね
(^O^)


それでは今日はこのへんで

明日が皆さんにとって
良き一日となりますように……

(^^)/~~~

合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。