浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

ある日のお釈迦様⑨

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は、

朝から快晴~🌞🌞🌞

多少風は強かったものの
ポカポカ温かく
3月半ばとは思えない、
春本番を思わせるような
清々しい1日でした~😄



さて今日は、
「ある日のお釈迦様」その⑨
をお届けします~👏👏👏


f:id:gunjima-taii:20220208221015j:plain


今日お届けするお話は
「おのれより愛しきものなし」
というお話です。

それでは、はじまりはじまり~


~~~~~~~~~~~~


コーサラ国の王、
「パセナーディ」は

ある日、
お妃さまである「マッリカー」と
2人で城の高台にのぼり、

眼下の雄大な景色を
眺めていました。

その時、
王は、ふと王妃に尋ねました。

「マッリカーよ、そなたには、
 そなた自身よりもいとしいと
 思うものがあろうか?」


王妃はしばらく考えた後、

「王よ、私には自分以上に
 いとしいものはありません。

 王はいかがでしょうか?」


問われた王は

「私もそうとしか思えない」

と答えました。



2人の考えは一致しましたが、

同時に
「2人の考えは
 間違っているのではないか?」

という思いを抱きました。


なぜなら、お釈迦さまが
日ごろ説いておられる教えとは
異なるように感じたからです。


そこで2人は、お釈迦さまを訪れ、
教えを請いました。


お釈迦さまは


「自分より
 いとしいと思うものはない」

という2人の結論に深くうなずき、
次のお言葉を示されました。

人の思いは、
いずこへも行くことができる。

されど、
いずこへおもむこうとも
人はおのれより愛しいものを
見出すことはできぬ。


それとおなじく


他の人々にも、
自己はこの上もなく愛しい。



されば
おのれの愛しいことを知るものは、
他のものを害してはならぬ

~~~~~~~~~~~~


「誰もが自分自身のことが
 一番大事であるゆえに
 人を害してはならない」


このお釈迦さまの教えは
「不殺生(=殺すことなかれ)」
という戒めの元となるものです。



このお釈迦さまのお言葉を、
北の方で暴れている方に
是非ともお伝えしたいと思います。



どうか、
ウクライナでの戦火が
一日も早く終息しますように、

そして、

戦火に苦しむ方たちに
一日も早く
安らぎがおとずれますように……。



それでは今日はこのへんで

明日が皆さんにとって
良き一日となりますように……

(^^)/~~~


合掌


ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。