浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

ある日のお釈迦さま⑭

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は

朝からどんより曇り空
☁☁☁


時折、お日さまが
顔を出すこともありましたが

逆に雨がパラつくこともあり

何ともすっきりしない一日でした


でも、日差しが強くない分
わりと涼しく過ごせました


8月も20日を過ぎて、
厳しい暑さも、ようやく
終わりが近付いてきたことを
実感します(*^^*)


もうちょっとの期間、
お互いに体に気を付けて
猛暑をのり乗り越えて
まいりましょう~😀


さて、今日は
「ある日のお釈迦さま」
その⑭をお届けします



今日のお話は
「水に面をうつすがごとし」
というお話です。


それでは、
はじまりはじまり~


~~~~~~~~~~

ある時、お釈迦さまが
祇園精舎にいた時のこと

1人の修行者が訪ねてきて
二人で歓談した末に、

彼はお釈迦さまに
このような質問をしました


「私は、時には
 たいへん澄み渡った気持ちになり
 これまで学んだことはもちろん
 まだな学んでいないことまで
 すらすら弁じたてることができるのに

 時には、何かに混迷して
 日ごろ学んだことまでも
 どうしても
 頭に浮かばなことがあります。

 これは一体どういうことでしょうか?」

この修行者の質問に
お釈迦さまは次のように答えました


「ここに器に入った水があるとしよう

 もしその水が、
 赤とか青とかに濁っていたら
 人がそれに自分の面相(=顔)をうつしても、
 ありのままに見ることができまい

 それと同じように、人の心が
 欲や怒りや愚かさや疑いによって
 濁っていたら、
 ありのままに見ることができない。

 それに反して

 もしその水が濁っていない時は
 いつでも自分の顔をうつして
 ありのままに見ることができる。

 
 それと同じように、人の心も、
 欲や怒りや愚かさや疑いによって
 濁されることがなければ
 何事もありのままに
 正しく見ることができるのである」

とお答えになった、ということです。

~~~~~~~~~~



このお話は、お釈迦さまの教えの中の
「正見(しょうけん)」
つまり「正しく見る」
という教えを表しています。




私たちは、「煩悩」に惑わされ
「先入観」をもって様々なものを
見てしまいますが、


「煩悩」や「先入観」に
惑わされることなく


濁っていない水に映る
自分の顔を見るように、
そのものの本質を見ることが
大事だ、ということです。


私たちは、生きている限り
煩悩を断ち切ることはできませんが、


出来る限り、
よけいな先入観を差し挟むことなく
「正しく見る」ことを
心がけていきたいですね(*^^*)




それでは今日はこのへんで、


明日が皆さんにとって
良き一日となりますように……


(^^)/~~~


合掌


参照『仏教百話』(増谷文雄)


ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。