浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

2月29日は聖光上人のご命日です🙏

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)


今年は閏年、4年に一度、
2月29日がある年ですね


2月29日は
法然上人から浄土宗の第二祖を継がれた
聖光(しょうこう)上人のご命日です🙏

浄土宗第二祖 聖光上人


聖光上人は、暦仁元(1238)年
2月29日、77歳でこの世の命を終え
極楽浄土に往生を遂げられました



聖光上人がお生まれになったのは、
現在の北九州市 八幡西区吉祥寺町です。


聖光上人がお生まれになった跡には
「吉祥寺(きちじょうじ)」
というお寺が建てられていて、
藤のお寺としても有名です。

www.google.com


聖光上人が法然上人と
運命の出会いを果たしたのは
聖光上人36才の時のことでした


聖光上人は、かつてご自身が修行された
明星寺の五重の塔の再建にあたり

寄進を募る責任者である
勧進職」に抜擢されます


五重塔の再建にめどが立ち
塔の中に安置するご本尊さまを求めて、

聖光上人は京の都に上り、
当時第一の仏師、康慶さまを訪れ、


お仏像が出来上がるまで
康慶様の工房のはなれで
お待ちすることになりました。


ある時、聖光上人のもとに
法然上人の説かれるお念仏の教えが
 都で大変、評判になっている」
といううわさが伝わってきました。


聖光上人は、心の内では
「たとえ法然上人といえども
 私が承知している以上のことは
 ご存じないだろう」

と思いながらも、
ある日、法然上人を訪れます。


法然上人は、聖光上人に会うなり
「あなたはどんな修行をしていますか?」
とお尋ねになりました。


聖光上人は
「五重の塔を建立する為の勧進をして
 常には念仏をしております」
と答えました。


聖光上人の風貌とお言葉から
法然上人は、聖光上人の学問の深さと、

同時に

「私以上のことは承知していないだろう」
という思い上がりの心を、
瞬時に見抜かれたのでしょう


法然上人は続けて、
「一口に念仏と言っても
 それぞれの宗によって
 受け取りが異なるが、

 あなたが行じているのは
 どちらの宗派の念仏か?」

と重ねて問いました。


この法然上人の問いを受けて
聖光上人は、答えに詰まってしまいました



それまでご自身が学んできた
天台宗の念仏」しか知らなかった、
ということに、改めて気付かされたのです。


自らの高慢の心に気付かされ、
答えに詰まった聖光上人に対し
法然上人は、


午後の二時から夜中の十二時迄
お念仏の教えについて
懇々と語り続けました。


各宗派、それぞれの
念仏の教えについて
広く、そして深く、
語り尽くす法然上人に


聖光上人は心から心酔されました。


聖光上人は、後に
その時の法然上人のお姿を
「まるで崑崙の頂を仰ぎ見るように学徳は高く
 高い山の上から谷底を覗くごとく智慧は深かった」

と述懐しています。


その日を境に、
お仏像ができるまでの3ヶ月間
毎日法然上人のもとに通い
法然上人がお説きになっている
お念仏の教えを受けました。

その後、一旦、九州に帰り、
完成したお仏像を五重塔に収めた後、


再び、法然上人を訪れます。

そして、43歳までの間
浄土宗のお念仏の教えを
余すところなく授けられ
浄土宗第二祖となられました


後に聖光上人は
法然上人をもって大師釈尊と仰ぎたてまつる」
法然上人は、私にとってお釈迦と仰ぐお方です)

とご書物に記しています。


今、私たちが
お念仏の教えに会うことができるのも
聖光上人はじめ、多くのお祖師さまが、
教えを誤りなくお伝え下さったからに
他なりません。


そのご恩に報いるためにも
お念仏のみ教えを、一人でも多くの方に
誤りなくお伝えするように
精進させていただきたいと思います。


それでは今日はこのへんで、


明日が皆さんにとって
よき一日となりますように……


(^^)/~~~


合掌


ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。

PizzaGonzo今月のピザ🍕㊱

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

寒い日が続きますが
皆さんいかがお過ごしでしょうか?


寒い日は温かいものを食べて
ホッと一息つきましょう~

というわけで、


月末恒例、
「PizzaGonzo今月のピザ🍕」
その㊱をお届けします😊



お店ではきれいなお花が
お出迎えしてくれました
😊😊😊


今回ご紹介するのは


アッジィ(A)です



アッジィ(A)は
2度目のご紹介です


ネーミングから
ピンとくる方もいると思いますが


地元産の「鯵(アジ)」を
メインにしたピザです




モッツアレラチーズに、
鯵とミニトマトをのせて
かまで焼き上げます(*^^*)


焼きあがって窯から出てきたら
焼けた鯵の香ばしい匂いが、
お店の中にパ~っと広がりました



焼きあがってから
水菜をトッピングして
完成です~(*^^*)



鯵の身が、
沢山トッピングされています




前回の投稿で
「アジフライバーガー」
をご紹介しましたが、


gunjima-taii.hatenablog.com


今、南房総では
アジが熱くなっています


テレビの情報番組や「孤独のグルメ」で
当地の「アジフライ」が紹介されたのが
きっかけになっているようです


車を走らせていると
「アジフライ」ののぼり旗を
よく見かけます


特に、金谷あたりでは、
冬場、脂肪を体内にため込んだ
特に脂ののった鯵のことを
「黄金アジ」と呼んで
名物となっています


ちなみに「アッジィ」
(A)はの他に(G)もあります


使っているチーズと
トッピングが違うようです


機会があったら又ご紹介したいと思います。


それと、


「最近、期間限定はないんですか?」
と聞いたところ、


残念ながら、この数か月
「期間限定食材」である
生のりと牡蠣に
たて続けにフラれてしまったため、

出せない状況が続いている
とのことでした😢😢😢


「3月は何か考えたいなぁ……」
とおっしゃっていたので、
楽しみに待ちたいと思います(*^^*)


それでは今日はこのへんで


明日が皆さんにとって
よき一日となりますように……


(^^)/~~~


合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。

金谷港 Ryo-seaに行ってみました(*^^*)

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(*^^*)

さて、今日は
東京湾フェリー金谷港内にある
バーガーショップ
「Ryo-sea」をご紹介



「Ryo-sea」って、何?

って、皆さん思いますよね~😅😅😅


「Ryo-sea」とは、
たぶん「漁師」っていうことだと思います


金谷の漁師さんをイメージした
ハンバーガ屋さんで、
「Ryo-sea」ということなんだと思います
(推測)🤣🤣🤣


お店は、東京湾フェリー
金谷港の一角に
キッチンをおいている
という雰囲気のお店です(*^^*)


お店の前のメニューを見ると


お店の名前をいただいた
「漁師バーガー」
というのがあるではありませんか!!
Σ( ̄□ ̄|||)





しかも説明書きを見ると
「アジフライをはさんだバーガー」 
とのこと


「当店のイチオシです」
ということであれば
「これは食べなければ……」
ということで、迷うことなくオーダー


すると、お店のおばさんに
「10分程お待ちいただきますが
 よろしいですか~?」

と、たずねられました?


おそらく、
作り置きは一切せず
オーダーが入ってから
アジフライをあげて作るんでしょう~😊


期待が高まります



待つこと7~8分
「お待たせしました~」
と、声をかけられて


遂に、実物をゲット!!



テイクアウトして
ウチで頂戴しました😅😅😅



「漁師バーガー」の実物がこちら!!



うっかり、大きさを比較できるものと
いっしょに写真を撮りそびれてしまい


実物の大きさが、
わかりにくいかもしれませんが
けっこう大きいです。


実際食べてみて、一つ食べれば
じゅうぶんお腹一杯になりました😅


それで、肝心のお味の方は、


特に奇をてらうことなく、
ソースをかけた大ぶりのアジフライが
真ん中にはさまれていて、


その上に、レタスとマヨネーズが
トッピングされています


よけいな物を入れず
アジフライの美味しさを
最大限に引き立てるように
作られているように思えました


地元でとれたアジの美味しさを
存分に味わえる「漁師バーガー」でした


ちなみに、
私が食べた「漁師バーガー」の他にも
魅力的なメニューが並んでいます


全体メニューがこちら!!



私が特に気になったのは


「黒船フランク」です😅😅😅



説明を見ると
「竹炭」を練りこんで
黒く仕上げているようです


いつか実物を食べて、
ブログでもご紹介したいと思います
(^^♪



それでは今日はこの辺で


明日が皆さんにとって
よき1日となりますように……


(^^)/~~~



合掌


ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。

法然上人とゆかりの人々㉓

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)


今日は
法然上人とゆかりの人々」
その㉓をお届けします🙏

浄土宗 元祖 法然上人


今日ご紹介するのは
明遍(みょうへん)さま
です。


明遍さまは2度目の登場です


前回は昨年12月にご紹介しました

gunjima-taii.hatenablog.com


夢の中で、

法然上人が病に苦しむ人たちの口に
お粥をそそぐ姿を見たことによって、

それまで積んできた学問修行を捨て
もっぱらお念仏の一行を
行ずるようになった明遍さま。


その後、法然上人が
四天王寺におられた時、
明遍さまは法然上人のもとを訪れ
初めて法然上人とご対面されます



法然上人が客間へ出てこられて
「こちらへ」とお声をかけると、

明遍さまは
居住まいをたださないうちに

「この生涯を限りに輪廻を離れるには
 どうしたらいいでしょうか?」

とお尋ねになりました。

法然上人が

阿弥陀さまにすがり
 ナムアミダブツと称えて
 極楽にお救いいただくことに
 まさるものはありません」

とお答えになると
明遍さまは

「誰もがそう考えることでしょうが、
 念仏を称えていても
 心が散り乱れ、迷いの心がおこるのを
 おさえられません、 
 一体どうしたらいいのでしょう?」

と、重ねておたずねになりました。


すると法然上人は


「欲望にとらわれ、
 心がいつも散乱する世界に生まれて
 どうして心が散り乱れずにいられるでしょう

 煩悩をもって生まれたものが
 どうして心散り乱れずにいられるでしょう

 そのようなことは、
 私、法然も力及びません

 心が散り乱れても
 迷いの心が競いおこっても、
 ナムアミダブツと称えれば
 阿弥陀様が必ず極楽に
 お救い下さるのです」

この言葉を聞いた明遍さまは

「そのお言葉を聞きたくて
 こうして参上したのです」

と言って、
挨拶もなく帰ってしまわれた、
ということです


その後、法然上人はお弟子さまに

「心をしずめ、妄念を起こさずに
 念仏を称えようと思うのは、

 生まれつきの目鼻を切り取って
 念仏しようと思うのも同然。

 なんと大層ななことか」

と、おっしゃられた、ということです


いかがでしょうか?


私たちは目に見たり、耳に聞いたり
鼻でにおいを嗅いだり……、

様々な刺激を受け、
一時も心がしずまりませんね💦💦💦


それは、法然上人も同じでした

「力、及びません」
とおっしゃっています。


しかし、


心をしずめられずとも
妄念を抑えられずとも

阿弥陀様のお救いを信じ
「ナムアミダブツ」と称えれば
必ず極楽にお救いいただけるのです。


法然上人のおさとしを信じ、
日々に怠りなく
「ナムアミダブツ……」と
お称えしてまいりましょう


それでは今日はこのへんで


明日が皆さんにとって
よき一日となりますように……

(^^)/~~~

合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。

佐久間ダム 花のたよりR6🌸①

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

12日(月)の記事で
高尾の霊園の梅をご紹介しましたが


「そういえば、佐久間ダム
 どうなってるかな……」

と思い出しまして、


2月10日(土)、
ちょっと時間を作って
様子を見に行ってきました(*^^*)

佐久間ダムに行く前に


「頼朝桜が開花しました~」
というニュースを耳にしましたので
鋸南町役場にある
「頼朝桜 標準木」
の様子を見てきました、

それがこちら

鋸南町役場 頼朝桜


あれっ?まだ咲いてない?
と思って、よく見てみたら


一つ二つ、
かろうじて咲いてました~😅


周りのつぼみも
プクプクにふくらんで、
今にも花開きそうでした


写真を撮ってから
1週間以上たっているので
今は満開に近くなっていると
思います(*^^*)


引き続いてその足で、
佐久間ダムに行ってみると……


梅の花がきれいに咲いていました



しかも、梅の木の下には
終わりがけの水仙が咲いてました


梅と水仙の共演です(*^^*)



こちらは桜の小径




頼朝桜が、ちょうど見頃を迎えていました



目の高さに近いところに
咲いてくれているので、
写真をとりやすいですね!(^^)!


こちらも、水仙と一緒に
仲良く咲いていました(*^^*)



こちらは、頼朝桜と梅の共演です



今年もライトアップをしているようです


チャンスがあったら
見に行ってみようと思います😅


こちらの土手に植えてあるのは
ソメイヨシノ



まだ全然咲く気配がありませんが、
この桜の木が満開になったら
さぞやきれいだと思います✨✨✨


今年もさくらの開花は
3月中旬のようです


今年も佐久間ダム
様々な花で
楽しませてくれそうです!(^^)!


折に触れて、皆さんにも
お伝えしますので
どうぞお楽しみに~



それでは今日はこのへんで、


明日が皆さんにとって
よき一日となりますように……


(^^)/~~~


合掌


ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。

2月15日は「涅槃会」でした🙏

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

昨日、2月15日は
お釈迦さまが入滅された
(=お亡くなりになられた)
「涅槃会(ねはんえ)」
の日でした。

涅槃とはインドの古い言葉の
ニルヴァーナという言葉が
中国に伝わった時に


音に漢字を当てて
「涅槃」と表されたもので、


元々の意味は
「消えた」という意味です。


お釈迦さまは息を引き取るとともに
「ろうそくの灯が燃え尽き消えるごとく
 全ての煩悩が消え去った
 安らかな境地に入られた」
ということを意味しています


涅槃会にあたり、お釈迦さまが
お亡くなりになった時の様子を描いた
「涅槃図(ねはんず)」
本堂に掲げました🙏



当日は、ご近所の方が数人、
涅槃図のお参りに来て下さいました



中央上の部分に
まん丸の満月が浮かんでいます



15日=満月の夜に
お釈迦さまは涅槃に入られた、
ということを表しています。


真ん中に大きく描かれているのが
お釈迦さまです



お釈迦さまは、最後
「頭北面西」、つまり
頭を北に、お顔を西に向けて
息を引き取られました


お釈迦さまの周りを
4対(8本)の木が
取り囲んでいます


この木は「沙羅の木」です


沙羅双樹の花の色
 盛者必衰の理をあらわす」

の「沙羅の木」です



向かって左の4本は、
葉が茶色く枯れていて、
残りの、右4本は
青々としています

これは「四枯四栄(しこしえい)」
といって、

枯れてしまった4本は
お釈迦さまといえども
肉体が滅ぶのは逃れられない、
ということを表し

青々と茂ったままの4本は
お釈迦様のお身体は滅しても
み教えは後世に残り栄える、

ということを表しています


お釈迦さまの前で気を失って
倒れているのが、

お弟子の「阿難さま」です



阿難さまは常にお釈迦様のお側に仕え
ご説法を聞いていたことから
「多門第一」と讃えられるお弟子さまです

お釈迦さまがご入滅されて
ショックのあまり気を失って
倒れてしまったのです


となりに描かれているのが
阿那律(あなりつ)」さまです。


阿那律様が、阿難さまの顔に水を注ぐと、
阿難さまは意識を取り戻しました


阿那律さまは阿難さまに、


「お釈迦さまが涅槃に入られたのは
 悲しいことではあるが、

 お釈迦さまの教えは
 残されているではないか

 これからはお釈迦さまの教えを
 説き広めて、人々を救い、
 お釈迦さまのご恩に
 報いようではないか」

とお諭しになったということです


今、私たちはお釈迦さまにお会いして
直々に教えをお聞きすることはできません


そのことは誠に
悲しいことではありますが

幸いに、教えは今に伝えられています


これも偏に、

阿難さまや阿那律さまをはじめ
これまでの数知れの多くのお祖師さまが
教えを説き伝えて下さったからにほかなりません

教えを伝えて下さったお祖師さまの
ご恩に感謝申し上げるとともに

私も、一人でも多くの方に教えをお伝えし
後の世にも伝えてられるように
精進してまいりたいと思います


それでは今日はこのへんで


明日が皆さんにとって
よき一日となりますように……


(^^)/~~~


合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。

重田菓子店 季節のお菓子㊺

南無阿弥陀


みなさんこんにちは(^O^)


今日は、人気シリーズ
「重田菓子店 季節のお菓子」
その㊺をお届けします~😊


今日も二品のお菓子をご紹介


一品目は
「さくら餅」でございます🙇‍♂️

「さくら餅」


重田さんの「さくら餅」は
毎年のように紹介しているような
気がします😅😅😅


この時期になると、
決まって食べたくなる一品です
(*^^*)


重田さんの「さくら餅」は
関東風の「長命寺」。


塩漬けされた桜の葉と
「さくら餅」独特の
鼻に抜ける香りが
やみつきになります😅😅😅


二品目は
「うぐいす餅」でございます🙇‍♂️


「うぐいす餅」も、これまで
何度かご紹介していると思います、


写真を撮りそこねましたが
中は白あんです。


甘すぎず、
とても上品なお味です。


前回(12日)の投稿で
高尾の霊園の「梅」を
ご紹介しましたが、



「梅にうぐいす」


一足早い春を、お花とお菓子で
お届けさせていただきました
m(__)m


今回もお抹茶と共に
頂戴しました、




ごちそうさまでした🙏



それでは今日はこのへんで


明日が皆さんにとって
よき一日となりますように……


(^^)/~~~


合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。