浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

塔婆書き、はじめました😄

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)
今日の鋸南町勝山は,  
朝からどんより曇り空☁☁☁

お日さまが出ないわりには
寒さはなく、
何となく生ぬるいような感じで、

午後からは雨も降りました。

日曜日からは
又、寒さが戻ってくる予報です。

寒暖を繰り返して、
少しづつ
春に近づいていくと思うと
希望が湧いてきますね😄



さて、
3月といえば
お彼岸です。

毎年3月と9月、
春分秋分の日をはさんで
前後三日間

あわせて7日間が
お彼岸の期間と
定められています。


多くの方が
お墓参りをして
ご先祖のご供養をして、
ついでに
「ぼたもち」
(秋は「おはぎ」)を食べる、
という、

日本全国で行われている
仏教行事がお彼岸です🙏

浄蓮寺では
お彼岸にあわせ
お墓参りと共に
檀家の皆さまが
ご先祖のご供養の為
塔婆
おたてになります。

塔婆については
以前書きましたにで、
こちらをご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

gunjima-taii.hatenablog.com


3月に入って
早速、春のお彼岸の
塔婆書き
にとりかかりました。

f:id:gunjima-taii:20210305094904j:plain



ところで、

ご覧いただくと
塔婆の脇に
「きざみ」
が入っているのに
お気付きでしょうか?

f:id:gunjima-taii:20210305095348j:plain
上から4ヶ所「きざみ」が入ってます

これは、
五輪塔の形が
元になっているんです。

f:id:gunjima-taii:20210304195208j:plain
五輪塔(ネットから拝借しました)


この「五輪塔」、
上から
世界の構成要素である
「空風火水地」「五大」
を表すとされています。


これにならい、
塔婆にも一段づつ
「空風火水地」を表す
梵字を書くことが
多いようです。

f:id:gunjima-taii:20210305095523j:plain
上から、空風火水地を表す梵字


浄蓮寺では、

お彼岸などの
年中行事の塔婆は

塔婆の長さと、
書く文字数の
バランスを考えて、

一番上に
阿弥陀さまを表す
梵字
を書いています。

f:id:gunjima-taii:20210305100921j:plain
阿弥陀佛を表す梵字「キリーク」

ちなみに、
浄土宗のお寺では、
「五大」の梵字を書く代わりに
「南無阿弥陀佛」と
書くお寺も多いようです。

私も、法事の塔婆は
「南無阿弥陀佛」
と書いています。

f:id:gunjima-taii:20210305100003j:plain
法事の塔婆


お彼岸の入りまで
あと2週間をきりました!!

一本一本、心を込めて
書かせていただきます。

それでは今日はこのへんで
明日が皆さんにとって良き一日となりますように
(^^)/~~~

合掌