浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

今日からお彼岸です(^O^)🙏

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は、

午前中はどんより曇り空
☁☁☁

午後から雨が降り出して
☔☔☔

2時過ぎころからは
本格的に降り始めました
😱😱😱


気温も上がらず
「冬に逆戻り」
といった、

とても肌寒い
一日でした😥😥😥



さて、
今日からお彼岸です🙏


毎年春と秋、
春分秋分の日を中心に
前後3日、

それぞれ1週間が
お彼岸の期間として
定められています。


特に浄土宗では
太陽が真西に沈む春分秋分の日は
西方極楽浄土」に
心を向けるのに最適な時です。

f:id:gunjima-taii:20210317220954j:plain
浄蓮寺蔵 観経曼陀羅(極楽浄土の図)


既にこの世の生を終えて
極楽に救われ往かれた
ご先祖様のご供養をすると同時に


今生きている私たち自身も


人の身を終えた後に、
「極楽浄土」という
「彼岸の世界」に

救われ往くことを願って、

普段に増して、心を込めて
「ナムアミダブツ……」
お念仏をお称えするのが、

浄土宗の「お彼岸の心」
なのです。


ところで、


極楽に救われたら
一体、どんな姿に
生まれ変わるのか?


皆さん想像したことが
ありますか?


阿弥陀さまが
佛さまになる前に発された
「四十八の願い」の
「第三番目」に


「私の建てる
〈極楽浄土〉に生まれる者は
 誰もが黄金の体で
 あるようにしたい。

と願いを発し、

 もしこの願いが叶わないのならば、
 私は仏と成らない」

誓っておられます。


阿弥陀さまは
既に佛さまになっていますから、

「極楽に救われたら、
 誰もが〈黄金の体〉に
 生まれ変わる」

ということは、
約束されていること
なのです。


では何故、阿弥陀さまは、
「極楽に救われた者は
〈黄金の体〉に
 生まれ変わるようにしたい」
と願われたのでしょうか?


それは、

この世は肌の色の違いによって
悲しい思いをする人がいるからです。


それをご承知で
あられたからこそ、

阿弥陀さまは、
「私が建てる〈極楽浄土〉は
 肌の色の違いがない世界にしよう」

と願われたのです。


又、「黄金」の一色
に定められたのは


「〈金〉は仏さまの色」

であり、

諸々の色の中でも
「最高の色」
であり、
「最も貴ばれる色」
である故に、

阿弥陀さまは
「黄金」の一色
に定たのです。


f:id:gunjima-taii:20210919144357j:plain


皆さまの懐かしい方たちは
「極楽」に救われ、

黄金のお身体に生まれ変わり、
仏さまのように
光り輝いておられます(*^^*)


そして、


私たちも極楽に救われたら
仏さまのような黄金の体に
生まれ変わらせていただけるのです。


お彼岸のご縁に


懐かしい先だたれた方が、
黄金のお姿に
生まれ変わっている様子を
思い浮かべて、

心を込めて
ご供養していただくと同時に、


私たちも、
いつの日か極楽に救われ
仏さまのような
〈黄金のお身体〉に
生まれ変わることを願って、


ナムアミダブツと
お称え下さいますように
お勧めします。


それでは今日はこのへんで


明日が皆さんにとって
良き一日となりますように……

(^^)/~~~

合掌


ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。