浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

私の好きな本 その⑧

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)
今年最後の3連休、いかがお過ごしでしたか?

お天気にも恵まれ、世間では
コロナ感染が拡大する中ではありますが、
go-toトラベルを使って旅行に出かける人が沢山いたようですね😄
京都 嵐山の様子がテレビで伝えられていましたが、
もの凄い人出でしたね~

私はというと、お仕事で八王子へ🚙
22日は霊園での法事二件、23日はセレモニーホールでお葬式を勤めました。
八王子も高尾山目当ての方が多かった為か、
車の交通量がけっこう多かったです。

ご法事のお客様の中には、渋滞に巻き込まれ、
開始時刻に間に合わず、遅れておみえになった方もありました💦

八王子のイチョウ並木は黄色く色づいてとてもキレイでした
写真を撮り損ねたのが心残りです😅

さて、今日は 
「私の好きな本」シリーズその⑧をお届けします。

今日ご紹介するのは、久しぶりの重松清先生の本から
『青い鳥』です。

f:id:gunjima-taii:20201123193244j:plain

8編の物語から構成されていて、
どの物語にも、問題を抱えた中学生が登場します。
(そのうちの一編は、中学を卒業して7年後が描かれます)

そして、全ての物語に、一人の先生が登場します。

悩み苦しむ中学生の前にある日突然現れ、
生徒と向き合い、静かに去っていきます。

と書くと、
例えば「金八先生」みたいな、
絵にかいたような素晴らしい先生をイメージする人が
多いんじゃないかと思いますが、

この本に登場する「村内先生」は、
ちょっと違います。

村内先生は吃音があり、うまくしゃべれません。
だから、村内先生がしゃべることは、

本気のことだけ。
本当に大事なことだけを、
激しく言葉をつっかえながら、
本気で一所懸命しゃべります。

村内先生の本気の言葉は、

どれも皆、
私の心を激しく揺さぶりました。

作者の重松先生は後書きの冒頭で

「初めてヒーローの登場する物語を書きました」

と書いています。

世間のかっこいいヒーロー像とは全然違うけど、
私にとっては、確かにあこがれのヒーローで、
私も村内先生に少しでも近づきたいなぁ
とも思いました。

テレビをつければ、軽い言葉ばかりが飛び交う毎日ですが、
本当に大事な事を伝える
「一言の重み」を考えさせられた一冊でもありました。

って、これだけ読んでも何だかわからないと思いますが💦
絶対おすすめの一冊です!!

気になる方は是非読んでみて下さい!!

それでは今日はこのへんで。
明日が皆さんにとって良き一日でありますように
(^^)/~~~

合掌