浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

人の身を受けることの悦び

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)
今日の鋸南町勝山は、
朝からどんより曇り空☁☁☁

午後2時前から雨も降りだし☂☂☂
寒い一日となりました。

このところ、スカッと秋晴れの日がなくて、
気持ちも何となくしずんでしまいますね~(T_T)

さて今日は、
「人の身を受けることの悦び」
について書いてみたいと思います。

9月10日の記事で

六道を輪廻する中で、人間に生まれることは
梵天より下した糸が、
大海原の底に落ちている針の穴に
一度で通るくらい
誠に有ること難き尊いご縁に恵まれてのことである。

ということを書きました。


gunjima-taii.hatenablog.com


そんな、得難い縁を得て、
この度人間として生を受けたわけですから、
それだけで大きな悦びであることに違いありませんが、

「人の身を受けた」ことの悦びがもう一つあります。

それは、
「仏さまの教えに会うことができる」
ということです!!

六道の世界の中、
「地獄・餓鬼・畜生・修羅」の四つの世界は、
苦しすぎて、教えを求める余裕がありません。
「天上界」は、
逆に楽しみに耽ってしまい、教えを求めることがありません。
「人間界」は、
楽しいことや喜びもありますが、
逆に避けられない苦しみ悩みも沢山ある。
まさに「悲喜交々」です。
仏さまの教えを求める縁が整っているのが
「人間界」なのです。

人として生を受けてこそ、
仏さまの教えに出会うことができる。

仏さまの教えに出会い、
自ら教えを学び、行じて、
その結果、
六道輪廻を抜け出す(=解脱する)ことができる。

このことこそが、
この度、人としてこの世に生を受けた
最大の悦びなのです。

お釈迦さまは、このことを


>>
「人身受け難し今既に受く
 仏法聞きがたし、今既に聞く
 この身、今生において度せずんば、
 いずれの生においてか、この身を度せん」<<


とお説き下さっています。

そして、
「八万四千の法門」といわれる
膨大なお釈迦様の教えの中で、

誰もが、この身このままで六道輪廻を解脱し、
しかも、「極楽浄土」という最高のお浄土へ
間違いなくお救いいただける教えこそが、

法然上人の説き明かされた、
「浄土宗」お念仏の教えなのです。

みなさん、
この度、尊い縁に恵まれ人の身を受け、
更にその上で、会い難い仏様の教えに会うことができた、

この、尊いご縁を無駄にすることなく、
この生涯を境として、六道輪廻を解脱して
「極楽浄土」へ救われ往くことを願って、
日々「ナムアミダブツ」と称えましょう!!

それでは今日はこのへんで

明日が皆さんにとって良き一日でありますように
(^^)/~~~

合掌