浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

明日は「涅槃会」お釈迦さま御入滅の日です🙏

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は、

早朝は雨が残っていましたが
すぐにあがり、
その後、午前中は
ずっとどんより曇り空。
☁☁☁

予報では、午後からは
一転晴れるとのことでしたが、

結局、一日雲が晴れることなくて、
一日中、とても寒い一日でした~
(^O^)


さて、
明日2月15日は
お釈迦さまが御入滅された
(=お亡くなりになられた)
日です。



本日の目次(*^^*)

お釈迦さまの御入滅と「涅槃会」


お釈迦さまは
2月15日の夜中

インド・クシナガラの地で
80歳を一期として
そのご生涯を閉じられました。

お釈迦さまの御入滅の日に当たり
多くのお寺では
「涅槃会(ねはんえ)」
が勤められ、

お釈迦さまの御入滅の様子を描いた
「涅槃図」が掲げられます。

「涅槃」ってなに?


「涅槃」とは、
インドの古い言葉の
ニルヴァーナ
という言葉が中国に伝わった時に
音にそのまま漢字を当てて
「涅槃」と表記されました。

ニルヴァーナ」の元々の意味は
「(ろうそくの灯が)
 吹き消された状態」

ということで、

お釈迦さまは御入滅され、
全ての煩悩が完全に吹き消された
静かなる境地に入られた、
ということを表します。

浄蓮寺の涅槃図


浄蓮寺では、
コロナ感染拡大防止の為、
今年の「涅槃会」は
中止の判断を致しました。

昨年に続き今年も
「涅槃会」が勤められないことは
非常に残念なことです😥😥😥


せめて、ブログを通じて
皆さまに「涅槃図」を
拝んでいただきたいと思います。

f:id:gunjima-taii:20220214095228j:plain
浄蓮寺蔵 涅槃図

悲しみにくれる姿


中央にお釈迦さまが描かれています。

おつむりを向かって左に
お顔をこちらに向け
身を横たえておられます。


f:id:gunjima-taii:20220214095341j:plain


「泣き顔を
 描きつくしたる 涅槃像」


お弟子さまはじめ
多くの者たちが、
お釈迦さまを取り囲み
涙を流して、
お釈迦さまの御入滅を
悲しんでいます。


悲しんでいるのは
お弟子さまたちだけではありません。

動物や虫までもが、
嘆き悲しんでいる様子が
描かれています。

f:id:gunjima-taii:20220214095638j:plain
動物や虫も、お釈迦さまの御入滅をかなしんでます

気を失い倒れる阿難さま


お釈迦さまの近くで倒れているのは
お弟子の「阿難(アナン)さま」
そして、傍に寄り添っているのが阿那律(アナリツ)さま」です。


f:id:gunjima-taii:20220214100416j:plain
阿難さまと阿那律


阿難さまは、
常にお釈迦さまのお側で
ご説法を聞いていたことから、
「多聞第一」と讃えられる
お弟子様です。

阿那律さまから
「お釈迦さまは涅槃に入られた」
と聞かされ、悲しみのあまり、
気を失ってしまったのです。

阿那律さまは、
手に持った鉢に入ている水を
阿難さまの顔に注ぎ、

「お釈迦さまが入滅されたのは
 悲しいことに違いないが、
 お釈迦さまの教えは
 残っているではないか

 
 お釈迦さまの
 ご恩に報いるためにも
 教えを伝え残そうではないか」

と諭されました。

この阿那律さまの言葉を聞いて
阿難さまは正気を取り戻した、
ということです。
 
〈参考資料〉
『よくわかる 絵解き涅槃図』
(竹林史博 著 青山社)

お釈迦さまの教えに会える喜び


今、私たちはお釈迦さまに直接お会いして、
教えを受けることができません。

このことは、
まことに残念なことですが、

阿難さまや阿那律さま
その後の、多くの方たちが
教えを伝え続けて来てくれたお陰で

今、私たちは、
お釈迦さまの教えに出会い
学ぶことができるのです。

このことは、
実によろこぶべきことです。


お釈迦さまの教えの伝わっている
時と、ところに、生まれ合わせたことを
共に喜ばせていただきたいと思います。


そして私も、

お釈迦さまのご恩に報いる為に
1人でも多くの方に
み教えをお伝えできるように、

及ばずながらも、
精進してまいりたいと思います。



それでは今日はこのへんで、


次回も引続き、
「涅槃図」にちなんだ記事を
書かせていただきたいと思います。



明日が皆さんにとって
良き一日となりますように……

(^^)/~~~

合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。