浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

「記憶に残っている、あの日」にまつわるetc.

南無阿弥陀
「記憶に残っている、あの日」

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は、
朝から快晴
🌞🌞🌞

それでいて、
「暑すぎる~(*_*;」
というわけでもなく、

室内にいて窓を開けていると、
外の風が気持ちよく通って、
わりと過ごしやすく、

気持ちのいい、
夏の一日となりました😀

さて今日は、
今週のお題に挑戦

「記憶に残っている、
 あの日」

ということですが……、


「記憶に残る日」、
いくつもあるので、

思いつくままに
年代を追って、
綴ってみたいと思います(^^ゞ

おじいちゃんが亡くなった日

昭和63年1月15日
が、おじいちゃんが亡くなった日です。
私が高校3年生の冬のことでした。

お坊さんの資格をいただくべく
宗門の大学への進学も決まり
高校卒業を目の前にひかえ、

おじいちゃんは
前日まで普段と変わらず
元気そのもので過ごしていましたが、
その日、突然亡くなりました。

前日、父が大学入学手続きを全て終えて
そのことをおじちゃんに報告すると
「それはよかった!!」と
ことのほか喜んでくれたそうです。

そして、
普段通りに床に就き
そのまま、目を覚ますことは
ありませんでした……。


大学入学手続きが完了したのを
見届けた翌日に亡くなったということが、
「しっかり勉強して、
 一人前の坊さんになれよ」

と言い残してくれたような気がして、

この時の経験が、
今も私の心の「根っこ」のように
なっているような気がします。

詳しいことは、以前書きましたので
こちらも併せてご覧ください🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

gunjima-taii.hatenablog.com

恩師 松島定宣先生の命日

平成10年4月8日
がご命日です。

20代の頃、布教師を志し
「浄土宗 布教師養成講座」
を受講しました。

そこでご指導くださったのが
松島先生でした。

ことのほか厳しい先生でしたが、
(私の出来が
 悪かったせいもありますが💦)

厳しいご指導をいただいたおかげで
今も何とかやっていられるんだなぁと
ただただ感謝です🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️


先生はお釈迦様を心から尊崇し、
お釈迦さまと同じ
2月15日に
極楽に往生を遂げたい

と、願っておられました。

しかし、ある時
ご自身のご往生の日の
希望を「変更」されたのです

Σ( ̄□ ̄|||)

「2月15日は真冬で寒い。
 弔問する人が気の毒だから、
 この日はやめておきます。

 そうですね……、

 お釈迦様にちなむなら、
 ご誕生になられた4月8日、
 桜の満開の時にしましょうか……」

そんなことを
おっしゃっていたそうです。

その願い通り、
4月8日、
松島先生は極楽浄土に
往生の素懐を
遂げられました。

「願わくは、
 花のもとにて春死なん
 その如月の望月のころ」

という西行法師のお歌と同様
「願えば通じる世界」
があることを、身をもって
お示しいただいた、
そんな思いでした


小田原城の桜が満開の中、
葬儀に弔問したことを、
今でもはっきりと覚えています🙏

入籍の日

私が30歳の時
平成13年2月15日
無事入籍しました😅😅😅

2月15日は、浄蓮寺で毎年
「涅槃会」が行われています。


gunjima-taii.hatenablog.com

その頃、私はまだ
都内のお寺に勤めていましたが、

「涅槃会」の手伝いの為に
妻と一緒に浄蓮寺に帰省しました。

「涅槃会」は午前中で終わるので、

片付けを終えて、
午後から役場へ行って
「婚姻届け」を
提出しました。

何とも実感がわきませんでしたが、
その時のことは、鮮明に覚えています。

ちなみに式は、
6月30日に挙げました😅


あれから20年、


今の状況は……、


皆さんのご想像に
お任せします
😅😅😅

おわりに

他にも「思い出に残る日」は
挙げればきりがありませんが、

今日のところは
このくらいにしておこうと思います💦


それでは今日はこのへんで

明日が皆さんにとって
良き一日となりますように

(^^)/~~~

合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。