浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

施餓鬼会にちなみ🙏

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は

今日の鋸南町勝山は
朝から雨☔☔☔

降りが弱まる時間帯もありましたが
一日中降り続け、

おまけに気温が上がらず、
とても肌寒い一日でした。

思わず、
タートルのシャツを
引っ張り出し、

夕方からは、
ライトダウンまで
着込むしまつでした
😱😱😱


このところの
寒暖の差の激しさには
身体がついていけません💦💦💦


みなさんも
体調にはくれぐれも気を付けて
お過ごし下さい(*^^*)

さて、
5月から8月にかけて、
多くのお寺で
「施餓鬼会」
が勤められます。

「施餓鬼会」は浄土宗に限らず、
他の宗派のお寺でも
多く勤められているようです。



「施餓鬼会」は
「施し」の法要です。


お釈迦さまが
お弟子の阿難さまにお授けになった
「餓鬼に施しをする修法」
をもとに、

餓鬼道に堕ち飢え苦しむ
無数の餓鬼たちに

食べ物・飲み物を施して
飢えから救い、
更には、餓鬼の世界から
救われることを願うのが
「施餓鬼会」です。

餓鬼(ネットより拝借しました)


又、施餓鬼会は、

餓鬼道に堕ちた
餓鬼たちの為と同時に


人間として生を受け、
今、生きている
私たち自身の心の中を
見つめなおす機会

でもあります。


誰しも、心の奥深くに
「餓鬼の心=(我利我欲)」
が根付いているものです。


この「餓鬼の心」、
放っておいたら気付かぬうちに
どんどん大きくなり、

挙句の果てには
心の中に収まり切れず
人を傷つけてしまう、
ということにもなりかねません。


せっかく人の身を受けたとしても、
心や振る舞いは「餓鬼同然」
となってしまったら、
何とも悲しいことです。


だからこそ、
「仏さまのおしえ」を
鏡として心を見つめ直し、
「餓鬼の心」を
少しづつ抑えるように心がけるー。


これも「施餓鬼会」の
大事な趣旨です。



最近、
「利他」という言葉を
耳にするようになりました。


仏教語でもある
「利他」という言葉が
一般に浸透することは
大変うれしいことです。


最近の研究によると
「利他的な行動は
 幸福度を高める」

ということが指摘されているそうです。

このことは、
豊かな国であれ貧しい国であれ、
大人であれ幼い子供であれ、
同じ結果が得られるということです。


考えてみれば、
「ありがとう」と言われれば
誰でも悪い気持ちは
しませんよね(*^^*)


自らの「餓鬼の心」を
抑えると同時に、

「利他」の心をもって
「物心両面」にわたり
できる範囲の施しをすることで、


より幸せを
感じられるようになることと思います。



どうぞ、皆さまの菩提寺
もしくは、ご縁のあるお寺で
「施餓鬼会」が勤められる際は、

是非ともご参詣下さいますように
お勧め申し上げます。

それでは今日はこのへんで


明日が皆さんにとって
良き一日となりますように……

(^^)/~~~

合掌

ぐんちゃん和尚の「おはなし聞きます(^O^)」

辛かったこと、悲しかったこと、今悩んでいること、うれしかったこと……
何でもおはなしお聞きします(^O^)
基本的にお話をお聞きするだけで、
こちらからの積極的なアドバイス等はいたしません。
先ずは、サイドバーの「お問い合わせフォーム」から
お申し込みください。
「お名前」は実名でなくてもOKです!!
ご希望の日時と方法(例:ご来寺、お電話etc.)を
調整させていただきます😀
秘密は厳守します。