浄土宗 浄蓮寺

千葉県鋸南町にある浄土宗のお寺のブログです

ある日のお釈迦さま

南無阿弥陀

みなさんこんにちは(^O^)

今日の鋸南町勝山は、
朝からどんより曇り空
☁☁☁

夕方4時過ぎには
雨が降り始めて、
一日を通して
何ともすっきりしない
一日でした(T_T)

沖縄の方は
既に梅雨に入ったとのこと。

このまま梅雨に
入っちゃうのかと思うと
余計に気持ちも
どんよりしちゃいますね~


まぁ、やまない雨はないんだし
次の晴れを待ち望みましょう😅


さて、4月2日の記事で
『仏教百話』
という本をご紹介しましたが……、


gunjima-taii.hatenablog.com


実際読むとなると億劫でしょうし、
「本を紹介するだけでは
 不親切だな~」

と思いまして💦

この本を中心に
お釈迦さまのお話を
簡単に紹介していきたいと
思います😃

今日ご紹介するお話は
〈導師〉というお話です

それでは、始まり始まり~



ある時、
お釈迦さまを訪ねてきた人が
こんな質問をしました。


f:id:gunjima-taii:20210502160015j:plain


「あなたの弟子たちは
 皆、この上ない〈安穏の境地〉に
 至ることができるのでしょうか?

 
 それとも、
 至りえない者も
 あるのでしょうか?」

このお尋ねにお釈迦さまは

「私の弟子の中にも
 至りえない者がいる」

とお答えになりました。

すると、
「いかなる理由によって
 至れる者と
 至れない者とがあるでしょう?」

と重ねて問われました。

この問いにお釈迦さまは
逆にこのように
お尋ねになります。

「では、例えば
 あなたが人の為に
 詳しく道を教えたとしよう。

 道を教えた人の中には
 無事に目的地に
 たどり着ける人もいれば、

 道を間違え、さまよう人も
 いるであろう

 それは何故であろうか?」


問われたその人はお答えになりました。

「私は道を教えるだけで
 それをどうすることができましょうか」

その答えを聞いたお釈迦さまは

「その通りである。
 この上ない〈安穏の境地〉
 〈そこへ至る道〉
 まさしくある。

 私は〈導師〉であり
 ただ、道を教えるもの
 なのである

そうお答えになった、ということです。


如何でしょうか。


お釈迦さまは、
決して私たちの苦しみを、
全て取り除いてくれたり、

「宝くじ」を当ててくれたり、
コロナを一晩で消滅させてくれるような

「超能力者」ではなくて、

私たちに道を示して下さる
〈導師〉なんです🙏


そして、
お釈迦さまの教えを

聞くのも、
信じるのも、
そして、道を歩むのも、

外ならぬ、
私たち自身
なんですね……(^^ゞ



「緊急事態宣言」も
延長になりました。


いろいろ、思うに任せず
辛いことや苦しいことも多い時が
まだまだ続きそうです。


私自身、恥ずかしながら
〈安穏の境地〉には
程遠い毎日を過ごしていますが
💦💦💦


お互いに
少しでも、心安らかな時を
過ごせるように

時には
お釈迦さまのお言葉に
関心を持っていただき
耳を傾けていただければと
思います🙏
 

それでは今日はこのへんで

明日が皆さんにとって
良き一日となりますように

(^^)/~~~

合掌